×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
第3回甲斐武田氏発祥の里まつり  2009/11/03 茨城県ひたちなか市  武田地区は、甲斐武田氏の発祥の地。会場、武田館と湫尾(ぬまお)神社  歴史と文化の継承とひたちなか市のPRを目的に、第3 回甲斐武田氏発祥の里まつりが開かれた。武者による出陣式・凱旋式の他、太鼓の演奏、東金砂田楽舞などがあった。寒い中、おいしい甘酒をいただき、楽しいお祭りでした。まつりは、10:00 〜12:00は、武田氏館を中心におこなわれた。 12:00 〜 14:30は、湫尾神社でおこなわれた。

9時の武田氏館。まだ準備中。

湫尾神社も準備中。

10:00 − 12:00 武田氏館  やんさ太鼓による触れ太鼓。

開会式・武田武者出陣式。

武田冠者義清隊

本陣武田冠者義清隊



















出陣の鬨の声をあげる。エィエィオー。全員での掛け声。天気が良くてよかった。

このあと、ひたちなか海浜公園にいかれたそうです。

ひたちなか市民吹奏楽団演奏。 大河ドラマ、天地人、山本勘介他を聴かせていただいた。

東金砂神社田楽舞(ひがしかなさじんじゃでんがくまい) 県指定無形民俗文化財。田楽は稲の豊饒を願うために田植の際に奏でられたもの。 東金砂神社に継承されている演目は「四方固」「獅子舞」「巫女舞」「三鬼舞」の4段。

12:00 − 14:30 湫尾神社     武田氏館のとなりの湫尾神社に移動。境内は、特設ステージ、無料の甘酒、うどん、そば、赤飯などの販売がテントの下でされている。甘酒をいただき、うどんをたべていたら、保育園児による武田絵巻がはじまっている。ステージのまわりは多くの人に囲まれている。保育園児による武田絵巻



花音会 東海花舞(はなおとかい とうかいはなまい)よるよさこいソーランなど総踊り。茨城県東海村を活動の拠点とする「よさこいチーム」。メンバーは100人以上  三世代チーム、2歳から70歳代と幅広い年齢層。年長組の「楓(SO)」 年中組の「蝶(RIN)」年少組の「響(HIBIKI)」年輪を重ねた木々が風を吹かせて下の世代を包み込む。蝶達がその中を飛び(舞う)芽吹いた子供達がコダマを響かせている様子を連想した意味。(東海花舞ホームページより)  激しい動きで、見ていると楽しくなるのと、何か力をもらったような気がした。踊り手の皆様、大変元気でした。

常陸太田市 天神ばやし。天神ばやしは佐竹藩時代、城下で農兵を集める時や出陣するときに打ちならされた太鼓。その後、土地の農民の娯楽となり継承されてきた。予定では、子供達だけでの演奏になるはずだった。インフルエンザにより急きょメンバーをかえての演奏になったとのことでした。皆さん、上手です。

民謡。各種大会で賞を受賞されているとのこと。プロの歌声をきかせていただきました。

武田節を聞かせていただいた。

武田武者凱旋式。

















那珂太鼓演奏。那珂市。

閉会式。9時にいったときは、まだバタバタした感じで、準備に大忙しの状態でした。しかし、パンフレットで、配布された時間通り10:00にスタート。14:30に祭りは終了しました。中身が濃く、大変良いおまつりに感じました。地元の方の手作りのおまつりという感じでした。是非、これからも続くことを希望します。ありかとうございました。