東金砂神社田楽舞(ひがしかなさじんじゃでんがくまい) 県指定無形民俗文化財。 田楽は稲の豊饒を願うために田植の際に奏でられたもの。 常陸太田市  東金砂神社に継承されている演目は「四方固」「獅子舞」「巫女舞」「三鬼舞」の4段。舞台設定は、左右に竹を立て、しめなわを張る。第3回甲斐武田氏発祥の里まつり  2009/11/03 茨城県ひたちなか市で行われた。

神猿が、でてきて餅を焼き始める。舞台の最後まで餅を焼いている。なかなか、愛嬌のある神猿。面白かった。

第1段 四方固め   猿田彦が、刀を振り舞台の四方を固め天下泰平を祈願する。







第2段 獅子舞(ししまい) 笑いの面、大国主命が、獅子の尾についた大鈴を振りながら舞う。笑いの面を被った舞人が、獅子を思いのままにして振る舞う。武力を用いずに思いやりで国を統治する様を表す。











第3段 巫女舞(みこまい)巫子が、垂髪をつけ、頭には天冠を冠り、両手には神楽鈴を持ち舞う。神様を慰める舞。









第4段 三鬼舞(さんきまい)赤頭に赤、黒、青の鬼が舞う。赤鬼は松明、黒鬼は斧、青鬼は金棒を持つ。



最後に、三匹の鬼が集って耳打ちをする。

赤鬼が松明を照して護摩餅に近寄る。青鬼が護摩火を焚く神猿を金棒で追い払う。

黒鬼が斧で護摩餅を切る真似をしてから小脇に抱えて持ち去る。

神猿は、餅をもっていくなと鬼の足に手が・・・。

神猿は、餅をとられ泣く。

餅のやけ具合により色々と占った。最後に見物席に餅がばら撒かれる。残念ながら拾えなかった。また、お札も配られる。はじめて近くで見ることができた。大変得をした気持ちになった。