平成21年度茨城県郷土民俗芸能の集い  2009/11/28 茨城県常陸太田市   磐戸神楽(いわとかぐら ) (古河市)  古河市大和田・鷲神社   鷲神社神楽殿で奉納。毎年4月4日 に行われる。出雲神楽から関東神楽の総元、武州鷲宮神楽を経て受け継いでいる。1760年、神楽を迎える。鷲神社神楽殿で神官が舞手となり、五穀豊穣、家内安全のために奉納。36座あった鷲宮神楽を12座に再編して演じられている。衣装・面を付け、太鼓・笛などを使い、約4.5時間にわたり演じられる。今回は、12座の中の2座「磐戸開之舞」、「山之神之舞」が演じられた。天岩戸神話の内容。天照大神(あまてらすおおみかみ)が、弟の素戔嗚尊(すさのおのみこと)の乱暴に怒り、天岩戸にとじこもった。  世界が暗黒になり、昼夜の区別がなくなる。思兼命(おもいかねのみこと)などの八百万(やおよろず)の神々が、天安河原(あまのやすのかわら)に集まる。長夜の長鳴鳥(ながなきどり)を鳴かせ、榊を立てる。玉や鏡や幣束を架け、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が舞を舞い神々を笑わす。天照大神が不思議に感じて、岩戸を細めに開け、外をのぞいた時、天手力男神(あめのたぢからおのかみ)が岩戸を開き、天照大神の手を引いて外に出した。世界は明るくなった。・・・というはなし。

天鈿女命(あめのうずめのみこと)







天手力男神(あめのたぢからおのかみ)









天照大神

餅まきがはじまる。600個とかいってました。