×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
講演・展示「語り伝えよう!太平洋戦争の体験記録」 2014/8/9  茨城県筑西市 筑西市丙・しもだて地域交流センターアルテリオ。
筑西市郷土史を考える会及び明野郷土史に親しむ会が主催する「語り伝えよう !太平洋戦争の体験記録」の講演会と展示会があった。
下館飛行場  キ84甲 陸軍特別攻撃隊第57振式隊 高埜伍長搭乗機 昭和20年5月 愛称 疾風



特攻隊員の寄せ書きや遺族の手紙など。



小学生と父兄による合唱 10曲ほどきいた。よかった。

■主催者あいさつ   戦後69年が経過し、戦争を知らない世代が増え、今では国民の4分の3が戦争を知らない世代となった。尊い命の犠牲の上に、今の平和があるのを忘れてはならない。ここ下館にも戦争があったことを忘れてはいけない。
■筑西市市長あいさつ   世界各地で武力抗争などによる犠牲がおきている。私たち、若い人たち、これから生まれてくる子どもにも、戦争のことを伝え残していかなければならない。
■講演1  長野県松代に大本営、皇居を移転する計画があり地下壕をつくった。 郷土史家のはなし。
設営途中で、終戦となった。今も松代に地下壕が残っている。松代大本営跡調査の報告があった。以下はhpより。松代大本営跡(まつしろだいほんえいあと)は、太平洋戦争末期、日本(当時の大日本帝国)の国家中枢機能移転のために長野県埴科郡松代町(現在の長野市松代地区)などの山中(象山、舞鶴山、皆神山の3箇所)に掘られた地下坑道跡。

■講演2  特攻隊員の遺書と家族   太平洋戦争末期、陸軍下館飛行場から陸軍特別攻撃隊第57振式隊12名が飛び立った。部隊が下館を去る前日、旅館ではすき焼きをご馳走するため、農家から牛1頭を買い上げた。12名の特攻隊員の寄せ書きが旅館に残った。その後、旅館では、お盆に、寄せ書きを仏前に供え、供養してきた。最近、数名の遺族の方と連絡がとれた。手紙のやりとりもある。(現在、旅館はやっていない)
■講演3  風船爆弾のはなし・・・の予定だったが広島原爆のはなしとなった。講演された方の実兄が広島で原爆にあった話だった。講演後主催者より風船爆弾のはなしがあった。太平洋戦争の末期、アメリカ本土を攻撃するため風船爆弾が作られ、アメリカ本土に飛ばした。発射基地として、茨城県では大津町付近が選ばれた。
■講演4 墜落日本軍機  石下上空 B29 90機へむかっていった日本軍機のはなしかあった。下館に記念碑がある。鹿島灘上空よりきた敵機。迎え撃つため筑波海軍航空隊友部基地より迎撃。グラマン戦闘機数機を相手に空中戦。無念に下館で戦死。
■講演5 シベリア抑留について  95歳の方のはなし。旧満州で時計店をやっていた。戦争が終わりシベリアに連れて行かれた。シベリアは寒かった。食べ物はジャガイモだけ。よく生き残った。亡くなった人もいた。亡くなった人を土に埋めたかったが氷が固く穴を掘れなかった。少し暖かくなると、オオカミがでてきた。木の伐採。土を盛る作業をおこなった。
■講演6 太平洋戦争について 全般的なはなしがあった。 郷土史家によるはなし。

■講演7 下館空襲   小学生の時に体験した戦争。防空壕堀り、軍事訓練。畑でサツマイモを植えているときに「ダッダッダッ・・・」という機銃掃射の音。無我夢中で山林の中に避難した。家では、多くのコメを作っていたが、大変な食糧不足になった。
■講演8  下館飛行場のはなし   若い操縦士の操縦訓練施設として下館飛行場はできた。戦争末期に、特攻隊の訓練基地となった。戦闘機は、疾風が配備された。若い特攻隊員が、下館を飛び立ち、沖縄周辺の海上で米軍艦艇に突撃し、散華した。

■講演9  戦いにいったひとの詠んだ歌集
■講演10  笠間からこられたかたのはなし  ロビーに展示されていた親族のかたの写真のはなしをされた。
■講演11  シベリア抑留とズボン   講演者の夫は通信兵として旧満州で終戦を迎え、2年間のシベリア抑留を体験。酷寒の地で貧しい食事。カーキ色のズボンは引き揚げ時にはいていたもの。

疾風のプロペラと車輪の実物(左端)

■特別講演  寄せ書き国旗と 神風特攻「遺品」の里帰り 横浜市在住の講師 特攻隊員の遺品返還。 B29日米合同追悼式のはなし。戦時中、アメリカ兵が勝利品として持ち帰った寄せ書きの日章旗が遺族に戻ったはなし。 特攻隊遺品のなかに時計がある。この時計は本来は腕につけるものだが、腕から外して体の前に着けていた。米空母に突入し司令塔根本近くの甲板に突入。突入のショックで時計は体の中にはいった。米兵が身体からとりだし持ち帰った。遺品となった時計には血糊がついているように見えた。 

■講演12  筑西市の若い夫婦のはなし 奥さんの戦場にいった父の想い出。
■講演13  
■講演14  小美玉市からこられたかたのはなし

他にこのあとも講演が続いたが時間切れでここで会場をでる。
翌日10日は、戦い跡めぐりがあったようですが、天候が悪く不参加としました。
戦争にいかれたかたは、大変な高齢になられている。貴重なおはなしを聞かせていただきました。感謝いたします。