×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  寺と神社
豊受皇大神宮   とようけこうたいじんぐう   2000/05/20 2011/01/04他  茨城県東海村白方561    御祭神 豊受大神   709年、平磯にある巨巌が怪光を発射し、その光が白方の郷を射した。村人に乗り移った神様が、「伊勢の神をお迎えせよ。」と言ったので、ここに祀ったという。東海村には、村松大神宮がある。村松大神宮は、700年頃に伊勢神宮の分霊を祭って創立された。豊受皇大神宮は、伊勢神宮の外宮に相当するのか?・・・規模はかなり小さいが・・・。東海村12景  白方溜螢影(しらかたためけいえい) 植田宮の鳥居の倒影、夏の宵の蛍の明滅。たたずめば涼気が肌をうち、さざ波立って、再び水鏡の静けさを返える。



第一の鳥居 手前は白方溜



第二の鳥居と拝殿















  寺と神社