寺と神社
長松院 ちょうしょういん    2000/05/20 2003/03/29他    茨城県那珂郡東海村石神内宿1173    曹洞宗。住吉山長松院吉祥寺。石神城主小野崎氏の菩提所。  1487年、領主小野崎越前守の保護により曹洞宗通幻派の雲渓道端が開山。





墓碑と供養塔  石神小野崎氏の墓碑 2000/05/20

2003/03/29

本堂前庭には石神城合戦戦死者の供養塔がある。塔の下には大量の経石が埋められている。

現在寺堀という小字があり、墓地内にかつて大きな堀がありこの区域も石神城の防衛を担っていた。本堂前庭には石神城合戦戦死者の供養塔がある。塔の下には大量の経石が埋められている。本堂には石神小婦崎氏の位牌が安置されている。
観音寺跡

かつて石神内宿のV郭内に真言宗醍醐寺報恩院末寺の観音寺があった。この寺は石神内宿の荒神社の別当寺であった。幕末の天保改革で取り潰された。石神外宿 外宿は陸前浜街道に沿った商業地である。ここに石神城の鎮守である住吉神社が建立されたが、もとは住吉山長松院の近くにあったと思われる。この神社は内宿の鎮守となっており、外宿の鎮守は石神社となっている。願船寺は1214年、佐竹氏の保護により天台宗の慈慶坊甕範阿閻梨が開いた。尭堯は1219年、親鸞の弟子となり名を定信坊と改め、寺は浄土真宗となった。「寺社開基帳」には1559年、石神城主小野崎越前守の御台(夫人)の菩提を弔うため建立されたとある。寺の脇に寺の娘で城主の奥方を祀ったという別当山がある(別当山古墳)。

  寺と神社