×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  寺と神社
瑞龍山   ずいりゅうさん  2000/05/09  2009/09/25  茨城県常陸太田市瑞龍町     水戸徳川家の墓所。1661年、初代頼房を葬って以来、儒礼により埋葬。2009年は、調査の為閉ざされている。
入口門  左は番所



宝物庫





光圀の自叙伝ともいうべき梅里先生の碑は、生前に建てられた。墓所前にある。墓域内は、約80基。明の遺臣で、1665年水戸藩に招かれ光圀の師 朱舜水の墓もある。  梅里先生 碑文  先生は常州水戸の産なり。其の仲は夭、先生夙夜膝下に陪し、戦々競々。その人となりや物に滞せず、事に著せず。神儒を尊びて神儒を駁し。仏老を崇めて仏老を排す。 常に賓客を喜び殆んど門に市す。暇有るごとに書を読む。必ずしも解することを求めず。歓びて歓びをよろこびとせず。憂えて憂を憂とせず。 月の夕べ花のあした、酒をくみ意に適すれば詩を吟し情をほしいまいこす。声色飲食その美を好まず。 第宅器物その奇を要せず。有はすなわち有に随って楽胥。無はすなわち無に任せて晏如たり。はやくより史を編むに志あり。 しかれども書の徴とすべき罕なり。爰に捜り爰に購い、これを求めこれを得。微リンするに稗官小説を以てし、実を拠い、疑を闘き、皇統を正潤し人臣を是非し、一家の言を輯め成す。 元禄庚午の冬、累に骸骨を乞うて致仕す。初め兄の子を養うて嗣となし、遂に之を立て以て封を襲がしむ。先生の宿志ここに於てか足る。 既にして郷にかえり、即日放を瑞竜山先壁の側に相し歴任の衣冠魚帯を痙め載ち封じ、載ち碑し、自ら題して梅里先生の墓という。先生の霊永くここに在り。 ああ骨肉は天命終るところの処に任す。水には則ち魚篇に施こし、山には則ち禽獣に飽かしめん。何んぞ劉伶の鱒を用いんや。其の銘にいわく。 月は瑞竜の雲に隠ると雖も光は暫らく西山の峰に留まらん。碑を建て銘を勒する者は誰 源の光圀,字は子竜  「茨城県の歴史散歩」 茨城県歴史散歩研究会編より   
■水戸光圀の漢詩  題瑞竜  瑞竜山上拝塚壙 遐想往事乍惆悵 幾度顧視去遅遅 秋風和涙濺橋仰  瑞竜に題す 瑞竜山上に塚壙(ちょうこう)を拝す 遐(はる)かに往事を想いて乍ち惆悵(ちゅうちょう)  幾度(いくたび)か顧視(こし)して去ること遅々 秋風は涙に和して橋を仰ぐに濺(そそ)ぐ  瑞竜山上の墓に詣でる。往事を思い出してたちまち悲しみがこみあげる。  何度も振り返って、帰路がはかどらない。  亡き父を慕い仰ぐ心に、秋風が涙とともにしみる。  「水戸光圀の漢詩を尋ねて」大林林造著より

  寺と神社