寺と神社
水戸八幡宮  みとはちまんぐう   2011/10/16他  茨城県水戸市八幡町8-54  祭神:誉田別尊(ほんだわけのみこと) 息長足日売尊(おきながたらしひめのみこと) 姫大神(ひめのおおかみ)  1592年、佐竹義宣が居城を常陸太田より水戸へ移すにあたり、水府総鎮守として鎮祭。1694年、水戸光圀の神社整理の処分を免れたが那珂西村へ移る。 1709年、水戸への再遷座を3代藩主綱篠に請願。許されて現在地にうつる。1999年、本殿修復工事を竣工。建立当時の姿に復元された。



鳥居と随神門

拝殿





拝殿と本殿

天満天神宮

本殿

八幡なる神の社の御葉付の公孫樹の如く千代に栄えむ よみ人しらず   御葉付公孫樹(おはつきいちょう)  葉の先に実を結ぶこの銘木は本邦5本の中に数えられ樹齢700年。しかも樹勢誠に見事である全国第一の珍と称せられる所以である(案内板より)

復元された八角神輿(みこし)が納められる日に出会わせた。

烈公(コ川斉昭)の涼んだところ。