×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  寺と神社
村松大神宮 むらまつだいじんぐう  茨城県那珂郡東海村村松3    大神宮は、700年頃に伊勢神宮の分霊を祭って創立。「天照皇大神」「天手力男神」「萬幡豊秋津姫神」の三柱の神様を御祭神としている。村松虚空蔵尊の奥にある。水戸藩主の徳川光圀、斉昭の崇敬厚く、本殿、社殿などを寄進。(看板板より)

大神宮

大神宮から鳥居の方を見る 





本殿と社務所の間にある通り抜けを通り海岸のほうにいける。通り抜けを通って見る神社と海岸への道。松林の間を500mくらい歩いていくと海に出る。最近、変わりつつある。


  寺と神社